私たちはお客様のご要望に迅速かつ的確にお応えする自信があります。

ごあいさつ


当社は1965年に創業し、段ボール製品の製造販売に携わってまいりました。 創業以来「より安く、より早く、より良い製品」をモットーに、お客様のニーズに迅速かつ的確にお応えすべく歩んでまいりました。その間、幾多の経済変動のある中、今日私たちがあるのも、ひとえにお客様のご愛顧とご支援の賜物と、社員一同と共に心から厚く御礼申し上げます。

 

目まぐるしく変化する経済環境のなか、循環型で再生可能な、環境に優しい段ボールを主とした、リサイクル率の高い包装材を提供することにより、資源の効率的利用を積極的に取り入れ、地域社会に貢献し環境活動に取り組んでまいります。

 

また、長年培ってきた技術やノウハウに益々磨きをかけ、お客様の思い(製品)を大切な方へ安心してお届けできるパッケージ作りを心がけ、すべてのお客様のお役に立つ努力を惜しまず、感謝の心で「感動を生み出す企業づくり」に専念する所存であります。 何卒、皆様方の一層のご指導と、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。


代表取締役社長 鈴木 一夫

会社概要

社  名 北埼ダンボール工業株式会社
代表者名 鈴木一夫
所 在 地 埼玉県行田市南河原895
創  業 昭和34年4月
設  立 昭和40年4月
資 本 金 1000万円
従業員数 70名
取引銀行 みずほ銀行
  埼玉りそな銀行
  武蔵野銀行
  東和銀行
  群馬銀行
事業内容 各種段ボールケース製造販売
  各種紙器製造販売
  プラスチック段ボール製品製造販売
  包装資材各種販売
  物流機器・各種パレット・コンテナー販売

プラ段資材

会社沿革

昭和 34年 現会長が鈴木商店として、段ボールの販売を始める
昭和 40年 北埼ダンボール工業として製造販売に転換
昭和 41年 2,023㎡の工場を新設
昭和 43年 倉庫1,200㎡新設
  第一工場660㎡増設
昭和 45年 第二工場1,000㎡新設
昭和 47年 北埼ダンボール工業㈱として法人設立
昭和 48年 事務所棟264㎡増設
昭和 51年 第三工場1,000㎡新設
昭和 55年 第一工場1,200㎡増設
昭和 57年 第四工場5,000㎡新設
昭和 62年 オフセット印刷工場新設
  各法務大臣より感謝状受賞
平成 元年 新事業所建設用地取得 約6,600㎡
  埼玉県知事賞受賞
平成 2年 倉庫3,300㎡新設
平成 3年 中小企業庁より表彰状受賞
  埼玉県標準工場指定
平成 5年 保養施設としてクラブHOKUSAIを新設
平成 10年 フレキソフォルダーグルアー3色機導入
平成 11年 新工場建設予定地取得 約2,200㎡
平成 14年 新工場建設予定地取得 約4,000㎡
平成 16年 第三工場増設 1,300㎡
平成 17年 フレキソダイカッター3色機導入
  2面継ぎグルアー導入
  CAD/CAMカッティングマシーン導入
平成 23年 UVインクジェットプリンタ導入
平成 25年 新サンプルカッター「KongsbergXN44」導入
  • 会社沿革1
  • 会社沿革2

より安く、より早く、より良い製品